医療脱毛三大機器、「アレキサンドライト レーザー」のメリット デメリット

今や女性のみに関わらず男性にも需要が増えている脱毛ですが、医療機関で用いられているアレキサンドライト レーザーについてご紹介します。
医療脱毛三大機器、「アレキサンドライト レーザー」のメリット デメリット
アレキサンド レーザーのメリット
JMEC社から販売されたアレキサンド レーザーは、メラニン色素への照射にこだわりを持ち、レーザーから毛根への深いダメージを強化したという特徴を持ちます。
そのため、脱毛において減耗効果が高いという評価があります。
キメの細かい日本人のメラニンの量とも適応している性質から、脱毛効果以外にも、シミやあざの治療方法として用いられる場合もあります。
アレキサンド レーザーの場合においては、ダイオードレーザーのように直接溶剤越しに照射することもありませんので、衛生面からも他の部位に使用された機器を用いるということがなく、安心して施術を受けることが可能になります。

「アレキサンド レーザー」のデメリット
アレキサンド レーザーを用いた施術は、ダイオードレーザーの様に溶剤を直接肌に塗布する必要もなく、数センチの空中照射が行われます。
照射スピードが速いことが特徴ですが、溶剤の代わりに冷却ガスをふきつけて直ぐに痛みの感覚を鈍らせることになります。
これをメリットと考えるかデメリットと考えるかは患者側の意志によります。

以上、日本の医療機関で用いられている三大脱毛機器のうちの1つ「アレキサンドレーザー」のメリット、デメリットを簡単にご紹介しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です